和歌山〜御坊

 5時45分に起きて桂川駅6時41分に乗って、新大阪でくろしお号に乗り換え。適当な輪行スペースがなかったのでデッキへ。ホイールをできるだけ後ろにくくりつけていたので、リアディレイラーの保護がなくても大丈夫だった。

 9時前に和歌山到着。

 まずは阪和新地跡見物。

 ついで天王新地。


 さらに現在の新地ともいうべき新雑賀街。

 和歌山市を抜けて海南市の黒江地区。

 黒江にある紀州漆器伝統産業会館(うるわし館)でトイレをお借りしたらこんな自転車が。漆塗りらしい。

 有田まで行ってスーパーで昼食。

 有田を外れたところで風景撮影。

 醤油発症の地湯浅。景観が保全されているところ以外にも古い家、古い町並みが残る。

 新地も残る。

 ほぼつながっている広の街もいい感じ。

 稲美へ向かう道、どうしてもRideWithGPSでルートを引けないところがあったが、来てみたらやはり通行止めだった。迂回した道はこの日一番の勾配だったが、その分近道はできた。

 予定と違うルートを通ったおかげで宇佐八幡に寄ることができた。

 宇佐八幡のある印南から少し登って、御坊の街に到着。街中に宿をとったつもりだったが、郊外だった。

 その他の街並み写真。
doroyamada.hatenablog.jp