読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全日本ロードU23&女子

 朝6時に岡田港に船が到着。曇り。7時台のバスに乗るつもりでいたが、時刻表にない客船連絡のバスがあった。ちょっとまよったものの、そのバスに乗ることに。

 バスはいきなり激しい登りで、若干緩くなったものの登りのままで長いトンネルに突入。トンネルの途中で挫折して休憩している自転車の人も。自転車持ってこないのが正解だった。

 空港経由で10数分で大島支庁前到着。大島支庁舎は開いていて、準備が始まっていた。ソファに座って、竹芝のコンビニで勝ってた食料を摂取して、仮眠。そのうち突然元気な「おはようございます」の声で目が覚める。あたりにスタッフの皆さんが集まっていて、ミーティングが始まっていた。じゃまにならないように場所を変えて他のソファで仮眠。しばらく寝ていたらすごく快適になった、というか、軽い二日酔い状態だったようだ。

 まわりにスタッフのみなさんの荷物とかあったので、自分の荷物も、観戦に入らないものを用意していたビニール袋(ゴミ袋とも言う)に詰めて、すみっこに置いておくことにする。

U23

 けっこうぎりぎりまで寝て、スタート地点を見る。大混乱があるかと思った第1コーナーは特に問題なく通過。そのあと細い登りを登ると500mもたたずに広い道に戻る。勾配もゆるくなり、数100mのところにリアルスタートがある。そのあたりから勾配が厳しくなる。なんどかゆるくなるものの、8%程度(見た感じ)で登っていく。細い登りがあるのはわかっていたが、そのあと太くなると厳しくなるのは想定外。となると、2周めのスタートゴール地点を前の方で通過して細い登りに突入しないとレースが終わるし、そこで一気にふるい落としが始まるだろうとぞくぞくした。

 で、その2周めを頂上付近で待つ。想像を下回る十数人の集団で来る。小林マリノ、弱虫ペダル岡がいるのは確認した。鹿屋体育大学やシマノが数人、大量エントリーの日大はすでに1人。もうここに行っていないメンバーの優勝はなさそうだと感じた。

 2周めにいる前、鹿屋体育大学は集団を引いて前方を固めていたらしい。さすがだ。 案の定、このあとの細い登りでは早稲田孫崎らが落車して、それが逃げ集団の形成にも関係したとのこと。
www.cyclowired.jp

 後の集団との差はしばらくは2分程度をキープしていたが、終盤になるにしたがって、前のペースアップと諦めで徐々に開いていく。

 残り数周、突然前の集団が割れる。小林、徳田、小橋、松本、野本。中盤で一瞬遅れそうになった小橋が付いている。ついてこれなかったのは小野寺、岡、岡本ら。いきなり大きな差がついたので、後が追いつく可能性は低いと思った。

 写真からは小林だけが楽そうに見えるけど、見ていた感じでは徳田も余裕があるように見えた。

 ラスト2周は坂の途中まで下って見届ける。ラスト周回は細いエリアを下っているところで観戦。5人ともまだ残っている。

 最終周回のゴール前、小林が独走しているらしいとの情報が入る。情報通り、小林が単独で戻ってきた。大差が2位には徳田と松本という北桑田OBの二人が並んで戻ってくる。スプリント力に勝る松本が先に仕掛けたが、余録度の差か、徳田が差し返して2位。4位にはボロボロになって小橋。すぐ後に集団で追い上げて抜けだした小野寺が現れた。

 終わってみれば小林が強かったということだけど、有力選手たちが積極的に仕掛けていって、ハイレベルのいいレースになったと思う。


 想像に反して、小林が一番モンゴロイド体型だった。

女子

続く

全日本に向けて移動

 宿の都合とかいろいろあって、東京から夜行の船に乗るので、移動のみ。東京で何箇所かで飲んで竹芝桟橋へ。しかし一等が広めの雑魚寝、特二等がベッドってどうよ。


 部屋では激しくいびきをかいている人がいた。呼吸自体が不規則じゃなかったので少しましだけど。

全日本個人TT予想

days

 天気も不安定そうなんでいろんな方向に転ぶ可能性があるけど、それぞれ一点予想。

男子ユース  日野泰静
男子ジュニア 大町健斗
男子U23    山本大喜
男子エリート 西薗良太
女子ジュニア 下山美寿々
女子エリート 梶原悠未

 当初エントリーしていたジュニアの沢田桂太郎が出場しないのが残念。

ウエストバッグ発注

 ツーリング用のウエストバッグは現在モンベルのものを使っている。ベンチレーション性能は高いが、容量が今ひとつ。というか薄くて手も突っ込みにくい。


 ということでaliexpressで発注。送料込み$15。

New Cycling Waist Bag Running Jogging Pockets Waist Pack Belt Bag Fanny Pack Hip Purse Walking Free Shipping X194-in Waist Packs from Luggage & Bags on Aliexpress.com | Alibaba Group

全日本ロード2016予想

essay

 アジア選手権の映像を見た限りでは、登りはクルマ1台分程度の道路幅。岩手や那須のような、大集団が終盤まで残るような展開にはならないだろう、力のない選手、油断していた選手はどんどん離れていくと見る。距離が短いので挽回も難しいし、逃げる側も気合を入れて逃げられる。

 で、以下カテゴリーごとに。

U23

 日本大学、鹿屋体育大学、シマノの激しいチーム戦を期待。

 日本大学は岡本隼が力をつけてきている。片桐、草場も展開次第ではありうる。なにしろ人数が多い。
 鹿屋体育大学は徳田中、山本弟を軸に、スプリントに持ち込むなら黒枝。展開次第で馬渡、富尾あたりも。大穴で徳田末の大逃げ。
 シマノは秋田、小橋、横山の3人が展開次第か。他の選手もアシストとして優秀。チーム力としては一番だろう。レースの展開に合わせての作戦の打ち方が悩ましいところ。

 他に有力どころは宇都宮小野寺、明治松本、早稲田孫崎、弱虫岡あたり。

 故障続きの中からやっとで復活したシマノ西村が優勝とかなったら泣くけどな。

 で、毎年恒例のパーセンテージで行くと、徳田20、岡本18、秋田12、小橋10、横山9、山本9、松本6、岡4、その他12と言ったところか。

 ディフェンディングチャンピオンになるはずの中井路雅は弟唯晶とともにエリートに出場する。他に宇都宮雨澤、EQADSの大多数もエリート。まだ資格があるはずの4年前のジュニアチャンピオン高志はエントリーしていない。U23のうちはU23に出場して欲しいんやけどなあ。

女子

 女子は人数が少ないのでコース幅の影響はあまりない。まあ順当なら萩原と與那嶺となるけど、今回はオリンピックの出場権がかかっている。そのうえ萩原は故障明け、というか本当に開けているのかも不明。
 となると2人+もう一人可能性を残す金子との3人でのにらみ合いが必至の中で、梶原が逃げを打てばあっさり決まる可能性だってある。もちろん独走力も十分。同じような展開に持っていける可能性のあるのは福田。2人で逃げてくれないかな。

 パーセンテージで行くと梶原37、與那嶺30、萩原20、福田7、坂口3。その他3。個人的には千佳ちゃん頑張れ。

エリート

 ワールドツアーチーム所属の別府、新城はエントリー無し、オリンピック出場に備える窪木も回避。

 ジロを完走した山本はかなり疲労が溜まっているんじゃなかろうか。

 で、候補はと考えると、UKYO畑中、宇都宮増田、阿部、大久保、マトリクス土井、愛三中根、伊藤、BS西薗、内間・・・、あれ、群雄割拠と思ったけど、意外と少ない。

 パーセンテージで行くと増田17、畑中17、土井15、中根10、西薗8、阿部5、内間5、山本5、その他18。距離が短いだけに意外な結果の可能性もある。

とはいえ

 このところ、全日本で意外な結果はない。当然勝つだろうと思われた選手、勝つだけの力はあると思われている選手が勝ってきた。距離とか場所とかいろいろツッコミどころ満載の全日本だけど、順当な結果になるものと信じている、というか願っている。