読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅雨入りでrest day

 予報通り雨の日曜日。

中華カーボンクロスのシートチューブにボトルケージ装着。パナチタン同様にパイプを切った自作スペーサーを使用したが、こちらはケージ-スペーサ-ジョイント-トップチューブの順。同じ型番で色が微妙に違うと思っていたが、穴径も違っていて、一方はM5のボルトが通らず、ドリルで拡大した。

 ペダル軸に通らない14mmワッシャの件、手持ちのいろいろなペダルで試してみたが、Be-Bop以外はみな通らない。プライヤーで掴んでリーマで穴を拡大してみたら使えるようになった。パナチタンの左に2枚入れてみた。
 入らんのはなんでやろうと思って未使用のものをノギスで測ってみたら13.8mm。なんじゃそれ。STRAGHTのウェブサイトからメールを出してみた。
 昨日のツーリングでフロントホイールを外すたびにブレーキの調整が必要になっていた件、ディスクの振れもあることは確かなので、対策を検索してみる。どうやら専用の工具があるが、モンキーレンチで代用も可能とのこと。
coro-coro.blog.so-net.ne.jp


 以上午前の部。

 昼食に出かけたついでにオートバックスに立ち寄り。オイル交換用ドレインパッキンを見ていたらホンダ車用内径14.2mm、厚さ2mmというのがあったので買ってきた。コーナンにも立ち寄り、LIFIXの200mmモンキーレンチも購入。

 リクセンカウルのシートポストアダプタをパナチタンから中華カーボンクロスに移植。バンドが27mmに順応していたのでいったんペンチ2本でほぼ丸い形にしてから31.8mmのポストにはめる。ボルトを締め込んでいくときしむ音がして、十分締まる前に空転し始める。いったんバンドを引っこ抜いてみるとバンドの四角ナットが供回りしている。
 とりあえずナットをペンチで掴んでボルトを抜く。ねじ山が壊れているのか、うまくねじ込めない。補修部品の調達を検討し始めるが、あきらめきれずにペンチで掴んで何度もねじ込んだりゆるめたりしているとねじ山も復活。
 再度シートポストに装着して締め込んでいくと無事固定できた。

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) エクステンダー CK810

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) エクステンダー CK810

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) CK810,CO806,CO861用スチールバンド (36mm対応) CO836

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) CK810,CO806,CO861用スチールバンド (36mm対応) CO836

 パナチタンには使っていなかったステム利用のリクセンカウルマウントを移植。が、ネジをいっぱいに閉め込んでも固定できない。これまで27.2mmのポストに最適化していたが、27.0mmでは不足している。空き缶を切断して1周分巻いて対応。

 フロントホイールは少し増し締めしてみたらだいぶ改善。あわせて、モンキーレンチのバリを削ってから修正にチャレンジ、だいぶ改善した。
 その後、自動車を定期点検に持っていった帰りに乗せていたパナチタンで帰ったときも、軽くはなったような気がするものの、ずれが発生していた。ホイールが悪いのか、フォークが悪いのか悩んでいたが、飲みに行っているときに別のホイールを試してみればいいと気づいて、帰宅後クロス用ディスクブレーキホイールをはめてみる。こちらは何度着脱しても安定。やはりホイールが原因だった。再度締め直したらかなり改善した。これでもう少し様子をみることにする。