内装リアホイールにもテープ貼り

 去年の状態が思い出せないので、ミトスXCマッドの片側だけビードの落ちていたAlfine内装11速リアホイールに空気を入れてみるがすぐに抜ける。
 飲みに行って帰ってきてから勢いでテープを張って、タイヤを上げて、ビードを上げて一晩様子をみることにする。

リムテープ貼り替え

 週に一度の出勤で階段を降りる機会があって、膝が痛んだ。先週の出勤時もそうだった。というか、在宅勤務だと気付かないだけ。長門ツーリングの激坂で痛めたのか、前日のランニングのせいか不明。夕方には消えていたので、今日も少し走って、明日の朝様子を見てみる。もうひとつの気がかりはランニングで途中から抜歯跡が痛むこと。週末のシクロクロス、出走できるのか?

 IRONCROSSリアのリムテープを貼り替え。一番確実なStan's純正を貼っていたら半分くらい貼ったところでなくなってしまったので、残りの部分にはそれまでと同じポリイミドテープを二重貼り。空気を入れて2時間程度たったが、今のところ無事。
 キシリウムの方は抜けがダイブ少なくなってきた。

 「キシリウムのスペルってどんなんやったっけ」と思ってMAVIC社のサイトを調べたらどうやらKisiriumuらしい。しかもerito-ust-deisuku。というか、商品のページがnot foundになる方が問題なんやけど。

チューブレス続き

 空気の抜けていたチューブレス、再度空気を入れてみると、Ksyriumはいいが、IRONCROSSの方はバルブのあたりから空気の抜ける音がする。これはテープ貼り替えか。両方ともとりあえずシーラントを入れる。Ksyriumはmonotaroのパンク修理剤、IRONCROSSはデッドスックのTUFOのシーラント。TUFOはチョコレートのような色だけど、これって元々はラテックス色やったんかな。
 しばらくして観察すると、やはりIRONCROSSはあかん。Ksyriumはけっこういい感じになってきた。

 中華なカーボンシクロクロスの泥が飛ぶ部位にシリコーンオイルスプレーを掛けてみる。チェーンに試すつもりでAZのシリコーングリーススプレーをケーヨーデイツー七条店で購入。

メンテナンスなどいろいろ

 まずはタイヤ交換。IRONCROSS前後にミトスCX、KsyriumのリアにHappy Medium Proを装着。ビードクリームが柔らかくなりすぎていたけど、その分よく滑った。バルブは中華の新品。ビードも一発で上がり、空気漏れもなし。
 続いてKsyriumリアのクイックリリース化。前回は短すぎて引き込む時にうまく握れなかったので、長いものを作り直し。しっかり握って引っ張ったら穴の中に引き込めた。

 先日届いたビンドルラックとバッグを開封。クランプ部が左右対称でないのは何らかの狙いがあるんやろうな。