メンテナンスと学生クリテリウム

 10連休初日。まずレバー交換作戦。

 Lynskey R255から105のレバーをはすず。ラックのいちばん奥に置いてあるので出し入れが面倒だった。

 ついでLynskey からバーテープとレバーを外し、R255につけていた装着して、とここで気づいた。このレバーは触覚式なのでフロントバッグ前提のGR260には不適合だった。ふたたび元のレバーを装着。

 EBS Stuffのバーテープを剥がす。こちらのデダチャイのバーテープは接着力の割にテープ自体が弱く、ハンドルに汚く残ってしまう。指でまめに取っていくしかないか。

 本日はここまで。東近江ふれあい公園の学生クリテリウムに向かう。去年までは全日本学生選手権だったけど、今年はシリーズの開幕戦の位置づけて、関東からの参加チームも少ない。女子の開催もない(当初は予定していたもよう)。

 1時間くらいで着くとみていたけど、1時間半かかった、着いて駐車場入り口でレースが終わるのを待っていると、立命館の選手が一人逃げしていた。「堀川かな?」と思いなが見ていると次の周回では産大の選手に追いつかれていた。そのまま終わったようなので2位に入っていると思ったが、会場であった矢野さんに聞いてみたら最後はズブズブで4位だったとか。

 会場は想像通り、というか想像以上に寒い。京都車連のスタッフはシクロクロス用のジャケットを着て執務していた。

 最後まで見て帰宅。カメラは持っていったが、シャッターは1回も切っていない。
 例によって京滋バイパスの分岐点が原因の混雑だった・