フリー改造断念とスプロケット装着

 TUNEのホイールはかなりラチェット音がうるさい。ロードやMTBの人は爆音を好む人もいるけど、ツーリングで路地など走っていると、いやむしろ押しているとうるさくてしょうがない。グリースを詰めれば少し小さくはなるが、やがて元に戻ってしまう。
 ばねの力が強すぎるのが原因なのでばねを交換すればいいんじゃないかと思って外してみたが、巻き型のばねじゃなくって板ばねだった。これじゃ手に負えんわ。別のハブを調達して、このホイールは組み替えることにする。

 とはいえ、山に行く時に履くホイールとしては爆音もメリットあるんよね。

 ということで、交換用のハブを発注。


 Novatecはそのままだとうるさいけど、グリースを塗ればおとなしくなるということなので。
 合わせてスルーアクシル用スキュワも。


 キシリウムUSTディスクにスプロケットを装着。その後クイックリリース用のアダプタを装着しようとするが、入らない。ロックリングを締めた後では交換出来ない構造になっていた。面倒だけど、脱落しにくいというメリットはあるな。