伏見区東部、山科区南部神社巡り

 いよいよ残されたエリアも少なくなってきた。

福富稲荷

 全くノーチェックだった。長建寺の境内、表から見える位置にある。


 ついでに伏見観光の超定番、月桂冠大倉記念館の前で記念撮影。

天穂日命神社

 石田の団地街の真ん中にある。境内工事中だった。

萱尾神社

 東に少し登っていた先。本殿が改修工事中。


立位稲荷神社

 萱尾神社の近くの山の中にある。


小栗栖八幡宮

 再び西側に。

北小栗栖天神宮

 さらに少し北に行ったところ、けっこう登る(車道もある)。

長尾天満宮

 醍醐寺にけっこう神社がありそうなので行ってみた。豊国大明神は有料エリアなのでパス。
 ここは自由に往来できる。参道は長く、階段もある。境内には地図にも乗っている皇大神宮も。


 続いて醍醐山方面へ。地図では音羽大王大権現と柏木稲荷大明神という2つの鳥居マークがある。グラベルを登って行くが、勾配が厳しくなってきたのでそこから先は徒歩で。

 ここは何度か自転車で降りたことがある道。でも途中で神社を見た記憶はない。しかも現在位置と目的地が次第に離れていく。eTrexの地図を拡大してみると、道を間違えとるがな。

(三角が現在地、旗が目的地、点線が道)

 すごすごと引き返す。けっこう登っていた。

 戻ってきて登り口を確認。鳥居もあるのに見落としていた。

 しかしここから先は要入山料。パスすることに。

八幡宮

 本日ラスト。名神のすぐ近く。通称吉利倶(キリーク)八幡宮もしくは山科八幡宮とも言われるが、正式には八幡宮だとか。このあたりは八幡宮が多いが、源氏の影響力が強かったのかも。
 表の鳥居の位置からして、往時の境内は広大だったと思われる。




地図