関西クロス烏丸半島は落車リタイヤ

 関西シクロクロス烏丸半島。比較的得意なコース。今回は京都南IC〜瀬田西IC〜湖岸道路の定番ルートで。第3駐車場だった。

 まずは試走。今回タイヤはグラベルキングGXだけどこれでだいじょうぶかといちまつの不安。最初の右ターンの後の左下がりキャンバーは前日ちょっと練習した右降り&右ケンケン乗りで行こうとしたが、2周めで左からでもケンケン乗りできることに気づく。真ん中のキャンバーは最初と右下りターンで降りて、後は乗っていけることを確認。ところが2周め、リアタイヤがスリップして落車、チェーンが外れて噛みこんでしまう。試走はここで終了。グラベルキングのグリップ力に一抹の不安。あと左膝が一瞬痛かったのも。

 クルマに戻って、チェーンを切って、1組めの様子を見る。やはり最初のターンとキャンバーは大混雑。狙っているインナーも空きはしなそうな雰囲気。再度戻ってローラー台でウォーミングアップ。招集地点のすぐそばなのでぎりぎりまでできる。

 ポジションはまたもやかなり後方。でも最初のカーブの後の草地で少し上がる。
youtu.be
 2分40秒あたりに映っている。けっこう後ろに人がいる(当社比)。

 そのまま走って、真ん中のキャンバーにさしかかる。膝が痛む。スタート前によくほぐすのを忘れていた。土手の上の方を乗車して通過しようとしていたところ、前で押していた青いウェアの人が急に上の方に進路を変え、そこに突っ込みそうになって停止、右足を外して左側に降りようとしたものの、うまく足をつけずに横転するような形で転倒、背中を打ち付け、激痛でリタイヤ。











 一部始終を撮影していた海泥レスラー、素晴らしい。

youtu.be
 4分45秒あたりにのたうつ私が映り込んでいる。

 しばらくは起き上がれなけど、なんとか回復。自転車にも乗れてクルマのところに戻って着替える。パンツを見ると右腿の右側に泥がついていた。背中を打ったのではなく、腿を打った時に腰のあたりに無理な力がかかったんだろう。

 しんどいながらもC3+M2を撮影。昼休みには救護のところに行ってイトマリさんにロキソニンを貼ってもらう。田口さんからは「引退って書いといたらどう」と暖かいお言葉が。

 C1が始まるまではクルマの中で休憩。そのあとも撮影しているうちに、クスリが効いたのか、C2の頃はだいぶ楽になってきた。

 JCXの方は、どちらもチャンピオンが強いなと。

 帰路は途中越えで。

doroyamada.hatenablog.jp


doroyamada.hatenablog.jp