全日本ロードU23、W

 会場に近い駐車場は7時30分の交通規制までに入らなければならないということで、6時半の朝食開始後すぐに食べて、宿出発。カーナビゲーション任せで20分ほどで到着。注射して歩き始めると土山さんと遭遇し、情報交換。その後スタートゴール地点へ。その後もだいたいその周辺で観戦。
 展開等は高木さんの記事をどうぞ。
www.cyclowired.jp

 最終周回、勢いもスプリント力もレース勘も横山が抜けていると思ったがそのとおりの結果に。追いつかれて離されずについていった野本、スプリントに持ち込ませまいと何度もアタックした山本もみごとだった。


 シクロクロスと同時タイトルに輝いた横山には「日本のLars Boom」の名を勝手に贈ることにした。

終盤一緒に走っていた孫崎と草場。この日の北桑田選手権は京都産業大学安田のもとに。

 女子はまあ想像通りの展開。完走できなかったけど、付いて行こうとした梶原、福田の走りはよかった。

 ゴールラインは1位より2位、2位より3位、3位より4位のほうが拍手が多かったというなかなかの微妙な状況だった。

 交通規制解除後、コースを1周自動車で走る。ほとんどが上りか下りで、登りは短いながらも急という、力がないと厳しいコースだった。その後宿へ戻ってから夜の街へ。2件目で笠原さんと合流してよしなしごと。